新着情報

差別を引き継ぐ「仕組み」 ある結婚差別事件から

「あのまま結婚していたら私も差別する側になっていたかもしれないと思うと恐ろしい」とA子さんは語った。 1999年の夏。兄と妹のきょうだい二人が、大阪府連(以下、府連という)の事務所を訪ねてきた。妹のA子さんの婚約者の両親… 続きを読む

ガイドライン策定へ 大阪府が差別の事例を募集

大阪府は様々な差別の解消をめざすため、何が差別にあたるのかのわかりやすい「ガイドライン」の策定に向けて、10月末を締切として差別と思われる事例を募集している。 昨年成立した「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」… 続きを読む

差別の事例を募集している大阪府のHP

広がる閉塞感 明日への希望託せる社会に

さいたま市で7月下旬、盲導犬が鋭利な刃物のようなもので刺されるという悲惨な事件が発覚した。ケガをしたのは盲導犬のラブラドルレトリバー。県警によると、右の腰付近を先のとがったもので数カ所刺されており、器物損壊容疑で捜査して… 続きを読む

サッカー界から反差別の声を リバティおおさかでシンポ

サッカーを通じて人種差別について考えようと「SAY NO TO RACISM」と題したシンポジウムが8月30日、大阪人権博物館(リバティおおさか)でひらかれた。 ヘイトスピーチが大きな社会問題となるなか、サッカー界でもス… 続きを読む

P1080263

寺尾判決40年 今年こそ再審を 狭山活動者・住民の会交流会

狭山全国活動者会議・住民の会交流会が8月28日にひらかれ、20日に行われた第19回三者協議など現状と課題を共有し、寺尾判決から40年を迎える10月31日に「寺尾差別判決40か年糾弾・再審を求める市民集会」を東京・日比谷野… 続きを読む

P1080190

転換期を迎えた高校野球、そして…。

高校野球の夏が終わった。 大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じた。入場者数は7年連続で80万人を突破し、大きな声援が高校球児に贈られた。毎年の風物詩ともいえる甲子園球場での高校野球は、春は選抜からといわれ、夏の高校野球が終われば… 続きを読む

国連の勧告ふまえヘイトスピーチに規制を

インターネット上に流布される全国各地の被差別部落の地名。朝鮮学校の前で「殺してやるから出て来いよ。ゴキブリども!」と叫ぶ差別街宣。街頭で差別言動を繰り返すヘイト・スピーチ。 特定の集団に向けられる露骨で粗野な差別言動が日… 続きを読む

大阪府と基本交渉

同和問題の根本的解決と同和・人権行政のさらなる推進を求めて府連は7月30日、大阪市住之江区南港のATCで大阪府と基本交渉を行い、戸籍等の不正防止に向けた本人通知制度、同和問題の実態把握、部落差別のガイドライン策定などの課… 続きを読む

府交渉

ニューメディア人権機構が認定NPOに

府連も運営に協力しているニューメディア人権機構が7月25日付けで大阪市の認定NPOとして認められた。1999年の「人権情報ネットワークふらっと」の開設以来、人権に関する総合的なウェブサイトとして様々な情報発信や相談・啓発… 続きを読む

ふらっと

『ある精肉店のはなし』の上映会ひらく

ドキュメンタリー映画『ある精肉店のはなし』の上映会が7月7日、HRCビルでひらかれた。貝塚で牛を育て、と畜解体し、小売りを行ってきた北出精肉店の家族の日常を綴ったもので、部落出身者として理不尽な差別に立ち向かいながら、命… 続きを読む

上映後は纐纈監督、北出さんが映画に込めた思いを語った