新着情報

大阪市職員の極めて悪質な部落差別発言に対する声明

大阪市職員の極めて悪質な部落差別発言に対する声明(PDF)

Vol.279 ヘイト吹き荒れる東京都知事選

小学生や中学生が、校門を出て学校から帰路につくとき、だいだいどの学校でも正門近くに選挙が近づけば、ポスター掲示板が設置されるものである。そのポスター掲示板がヘイトに吹き荒れているのが、7月7日投票の東京都知事選挙である。… 続きを読む

Vol.278 「地対協」意見具申から28年 国際基準を満たした救済機関を

28年もの時間が経過したことになる。 1996年に、特別対策時代の最終段階を迎え、国は「地域改善対策協議会」(以後、「地対協」という)から「同和問題の早期解決に向けた今後の方策の基本的な在り方について」と題した意見具申が… 続きを読む

Vol.277 「部落探訪」仮処分決定を次なる闘いにつなげよう

2024年5月1日、大阪地裁で「部落探訪」の削除を求めていた仮処分が決定され、記事の削除を命じるとともに、記事・写真のすべてについてウェブサイトへの掲載など一切の方法による公表もしてはならないと命じた完全勝利の決定が下さ… 続きを読む

Vol.276 プロ責法の改正で「平穏な生活を送る人格的利益」は守られるのか

インターネット上の誹謗中傷について、大手プラットフォーム事業者に対応の迅速化を義務づける改正プロバイダー責任制限法が5月10日、参院本会議で可決、成立した。プロバイダー自身による削除指針の策定や、削除申請から1週間程度で… 続きを読む

「部落探訪」に削除命じる仮処分決定 大阪地裁

部落の地名や写真など解説文を添えてネット上に掲載し差別を助長・拡散してきた「部落探訪」に対して富田林支部の男性が削除を求めていた仮処分申請で大阪地裁(井上直哉裁判長)は5月1日、投稿者の鳥取ループ・示現舎に記事の削除を命… 続きを読む

IMG_6350

Vol.275 大阪の解放運動の“灯台“ 大賀正行さんを偲ぶ

ある集会で発言された女性が、隣保館は“灯台”の役割を果たさなければならないと挨拶されていたのが耳に残った。ひとの人生にその道だと灯りを照らし続けるのが、灯台の役割であり、それこそが隣保館であるという挨拶だった。 大阪にお… 続きを読む

地域から政治・社会を変える 府連第71回大会

第71回府連大会が4月13日、東大阪市内の大阪府立中央図書館ホールでひらかれ、役員・代議員など233人が出席。2年に一回の役員選挙がおこなわれ、新体制のもとで、第4期の部落解放運動の創造・実践に向けて全力をあげる決意をか… 続きを読む

府連大会の写真

Vol.274 憲法の具体化としての包括的人権法に立ち返るべき

最近「天賦人権論」という言葉が国会でささやかれる程度だが話題となっている。 「天賦人権論」とは、「すべて人間は生まれながらに自由かつ平等で、幸福を追求する権利をもつ」、「その権利は国家などから与えられたり、奪われたりする… 続きを読む

Vol.273 「賃金と物価の好循環」 いったいどこの国の話なのか

3月19日「賃金と物価の好循環が実現する見通しが立った」と日銀の植田和男総裁が記者会見で語り、日銀金融政策決定会合で正式に「マイナス金利解除」という方向転換が図られた。 「賃金と物価の好循環」という指摘が果たして多くの国… 続きを読む