新着情報

Vol.177 パンデミックを機に弱者に厳しい社会からの転換を

「オーバーシュート」とは「爆発的感染」。「クラスター」は「集団感染」。「アウトブレーク」とは「突発的発生」。「ロックダウン」は「都市封鎖」と呼ぶらしい。耳慣れない新しいカタカナ言葉が毎日のように氾濫している。新型コロナウ… 続きを読む

さいたま市の朝鮮学校排除に対する抗議文

さいたま市の朝鮮学校排除に対する抗議文/2020年3月13日   PDFを閲覧いただくには Adobe Reader が必要です

Vol.176 新型コロナウィルス対応に見る本来の人権とは

「新型コロナウィルスの感染が国内でも広がりを見せていますが、感染した方や医療機関関係者及びそのご家族、中国から帰国された方、中国籍の方等に対する誤った情報や不確かな情報に基づいた不当な差別やいじめ、SNSでの誹謗中傷等の… 続きを読む

新型コロナウィルス感染拡大に対する府連の対応について

新型コロナウィルス感染拡大に対する府連の対応について/2020年2月27日   PDFを閲覧いただくには Adobe Reader が必要です

Vol.175 ネット上の人権侵害に対する大阪府のとりくみに期待する

昨年12月20日に大阪府議会において「インターネット上の人権侵害を解消するための法整備を求める意見書」が全会派一致で採択された。 府連としてこの間、知事との政策懇談会、副知事との交渉などを重ね、インターネット上における差… 続きを読む

おおさかヒューマンライツ自治体議員の会が結成

おおさかヒューマンライツ自治体議員の会の結成総会が2月22日、大阪市内のホテルでひらかれ、府内の自治体議員ら約90人が出席。党派を超えて各自治体で人権確立にとりくむ決意を固めた。 同会は政党の枠を超えて地域から人権施策と… 続きを読む

ヒューマンライツ議員

Vol.174 「革命未だ成らず」 浅香支部・塩根さんの早すぎる旅立ちに思う

中国の政治家であり、中国革命の父と言われた孫文の残した言葉に「革命未だ成らず」という言葉がある。 まさか、その言葉を葬儀での親族の最後の挨拶で聞くとは思わなかった。 その葬儀とは浅香支部の塩根仁さんが亡くなられ、ご長男さ… 続きを読む

Vol.173 燕会・新婦人協会から100年 青年・女性の奮闘に期待

2020年という本年は、全国水平社創立の母体とも呼ばれる「燕会(つばめかい)」結成から100年という年にあたり、同時に女性による政治参加を著しく前進させた「新婦人協会(しんふじんきょうかい)」の結成から100年の年でもあ… 続きを読む

府連旗びらき 2020年新たな出発の集い

大阪府連の新春旗びらき「2020新たな出発の集い」が1月11日、大阪市内のホテルでひらかれ、府連各支部をはじめ各界から約250人が参加。「差別する自由はない」を合い言葉にネット上の差別と対峙し、青年、女性を先頭に2022… 続きを読む

3F4A0361

Vol.172 「差別する自由はない」の声掲げ 

新たな年2020年の幕が開いた。 昨年は、選挙一色といって良いほど、統一自治体選挙、大阪府知事選挙、大阪市長選挙、参議院選挙と相次いで開催され、わが陣営にとっては芳しい成績を収めたわけではなく、厳しい選挙結果となった。 … 続きを読む

P1030014