コラム

Vol.146 様々な分野で「社会モデル」の考え方を

そもそも、「障がいがある」とは、どのようなことを指しているのか。 外見で判断できる「障がい」もあれば、見た目ではまったくわからない「障がい」をもたれている方もいる。 「障害者差別解消法」では、「障害者」の定義を、「『障害… 続きを読む

Vol.145 日本の人権状況を世界基準で見てみると

日本で地図を見るときは、上が北、下が南、右は東で左が西。このことは小学校の社会科からスタートし私たちの感覚のなかに当たり前のように定着している。 海を渡って東に突き進めばアメリカ大陸がある。太平洋には進路を遮るものは存在… 続きを読む

Vol.144 急増する子ども食堂 まずはおなかいっぱいに 

大阪府内で実施されている“子ども食堂”の勢いが凄い!ふーどばんくOSAKAにも「子ども食堂をはじめたいので支援してほしい」「どんな、食料を提供してもらえるんですか?」といった問い合わせが後を絶たない。11月現在で、大阪府… 続きを読む

Vol.143 オール沖縄の勝利から考える 水平社会をめざす候補を

沖縄県の知事選挙で玉城デニー氏を支えた「オール沖縄」が自公一体の選挙協力態勢を打ち破って玉城氏が当選を果たした。最近めずらしい朗報だ。 これで、全国の来年4月の統一自治体選挙や夏の参議院選挙に弾みがつくと期待している人も… 続きを読む

Vol.142 ネットに部落の地名を晒すことの意味

インターネット-いわゆる電子空間上に巻き散らかされている差別的言動が度々話題となっている。ヘイトスピーチ解消法や部落差別解消推進法という差別撤廃を呼びかける法律が成立しているにもかかわらず、後を絶たない差別言動のオンパレ… 続きを読む

Vol.141 利益のためならヘイトも博打も  

「ネトウヨ」や「排外主義」という言葉が飛び交っている。こうした主張を総じて保守と表現しているケースは少なくない。しかし、本来の保守という概念とは、大きな隔たりがありそうだ。 そもそも保守という概念の誕生は、フランス革命を… 続きを読む

Vol.140 日米のスポーツ観から考える青年と活動のありよう

「なんとも斬新な提案ですね」「目から鱗(うろこ)でした」。 9月8〜9日にかけて大阪で開催された部落解放共闘の九州ブロックと近畿ブロックとの交流会で、大阪の報告をさせてもらう機会をいただき、約1時間の報告に対していただい… 続きを読む

Vol.139 「壊す政治」ではなく「創る政治」 地方の立憲民主党に期待

9月の第一日曜日の2日は松原市会議員選挙の投票日だ。松井いくひと君が3期目に挑戦している。 大阪ではじめて地方議会に立憲民主党を名乗って立候補しており、立憲民主党が大阪でどれだけの影響力を持っているのかを占う重要な選挙で… 続きを読む

Vol.138 夕張市に学ぶ部落のまちづくり

全国最年少の30歳1ヵ月で最年少市長に就任し、話題を呼んだ北海道夕張市長の鈴木直道さんが当選から7年を迎えてこれまでのとりくみを振り返ったインタビューが雑誌に掲載されていた。 市長として日本一の薄給として話題を呼んだ鈴木… 続きを読む

Vol.137 物言うマイノリティを叩く流れに抗するために

「『弱者らしく』していれば守られるべき存在として扱うが、物言うマイノリティが現れた途端に『保護されすぎている』とたたくのが今の社会。大きな危機感を抱かざるを得ない」とコメントするのは、ジャーナリストの安田浩一さんだ。 こ… 続きを読む