コラム

水平社100年に向けて運動のあり方議論を深めて

2021年新たな年の幕が開けた。 昨年は、新型コロナウイルスの世界的大流行からスタートし、アメリカ大統領選挙による民主党バイデン候補の勝利、首相の突然の辞任によって実に7年半にも及んだ第2次安倍政権が終わりを迎え、それを… 続きを読む

Vol.195 行き過ぎた資本主義から地域共生のシステムへ

「冷や汗をびっしょりかいて目を覚ますんだ。僕たちはいったい何を創ってしまったんだろうって。うちの子どもたちは、僕がスクリーンを取り上げようとすると、まるで自分のカラダの一部を奪われるような顔をする。そして感情的になる。そ… 続きを読む

Vol.194 大論争のナイキのCM動画 現実を見つめる姿勢を

いじめや差別の問題をテーマにしたナイキの新たな動画がネット上で大論争を巻き起こしている。公開から数日の間に、動画は900万回以上再生され、ほぼ同数の「好評価」と「悪評価」を集めているらしい。 「動かしつづける。自分を。未… 続きを読む

Vol.193 トランプが解き放った差別の「扉」

わたし達の研修会や集会でも度々講演などでお世話になっている作家の雨宮処凛(あまみやかりん)さんが東京新聞のコラムで、「米大統領選と相模原事件」と題して寄稿しており、その中身があまりにも衝撃的な内容であることから紹介したい… 続きを読む

Vol.192 「都構想」否決を踏まえ市民の側からの提案を

とにもかくにも「大阪市を廃止し、特別区に四分割」を求めた住民投票の賛否が決した。反対が多数となった。大阪維新の勢い、コロナ対応に見られた吉村大阪府知事の全国人気とあわせて当初は、維新側の圧勝、つまり賛成が多数を占めると予… 続きを読む

Vol.191 「都構想」は否決し、あらためて丁寧な議論を

「松井さん、吉村さん。これはもう最後にすべきですよ」「大阪市民がふたつに分断される現実・・・もう限界ですよ」。 11月1日の住民投票の投票日まで本当に残すところあとわずかとなった。反対が猛追で、賛否が拮抗という文字が新聞… 続きを読む

Vol.190 大阪市廃止・分割 冷静に判断すれば「反対」しかない

大阪市の廃止か、存続かを問う11月1日の住民投票まであとわずかとなった。可決されれば(賛成が上回れば)、政令市の大阪市が制度創設以来はじめて廃止されることになる。都道府県との二重行政がつねに課題に挙がる政令市のあり方、住… 続きを読む

Vol.189 アフターコロナを共生の社会にするための政治を

「自助・共助・公助、そして絆」。菅首相お気に入りのフレーズだ。「自助を真っ先にもってくるのは自己責任を求める極みだ」とか、「『まずは自分で頑張れ』は、政治の責任の放棄である」などと“左派リベラル”といわれるひとたちが一斉… 続きを読む

Vol.188 住民投票・衆院選…ポストコロナ時代見すえた選択を

大阪市廃止の是非を問う住民投票の「第2ラウンド」は11月1日の投票日と決定した。 大阪府議会に続き9月3日、大阪市議会も賛成多数で可決、住民投票が決定した。賛成が過半数を上回れば、明治22年(1889年)の市制施行以来、… 続きを読む

Vol.187 「○○警察」を生み出すゼロリスクの圧力

最近読んだ本のなかで「パレートの法則」という言葉が目にとまった。人が行進するパレードに法則があるのか?と先に目をやれば、イタリアの経済学者が発見した法則だそうで、経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一… 続きを読む