左から菅家さん、石川さん、桜井さん

「獄友」が狭山現地調査 10・31前後に意見広告へ

不当判決から44年目を迎える今年の10月31日までに狭山事件の真相を伝える意見広告を朝日新聞の1面分を使って掲載することになった。その内容に反映させるために9月21日、えん罪被害者、布川事件の桜井昌司さん、足利事件の菅家… 続きを読む

証拠万年筆でかいた数字

狭山事件の万年筆は別物 インクのX線分析で証明

狭山弁護団は8月30日、石川さん宅で発見された万年筆が被害者が事件当日まで使っていたものと別物であることをインクに含まれる元素の鑑定で科学的に証明した新証拠を提出した。 事件当時、石川さん宅で発見された万年筆が被害者の物… 続きを読む

スコップが発見された時の状態

スコップで新証拠 狭山弁護団

狭山弁護団は7月10日、スコップに関する新証拠と補充書を提出した。新証拠は元京都府警科学捜査研究所技官の鑑定意見書2つと証拠開示された捜査報告書などで、寺尾判決が客観的な有罪証拠のひとつとしたスコップが死体を埋めるために… 続きを読む

昨年のAIAIフェスタの様子

11月3日にAIAIフェスタ

AIAIフェスタが11月3日の文化の日にHRCビル前の波除小学校グランドでひらかれる。HRCビルに入居する団体・府連各支部がビル周辺の地域住民と交流をはかることが目的で今年で7回目。 当日は朝10時30分から昼3時まで開… 続きを読む