idoujinkenten1

リバティおおさか はじめての移動人権展

大阪人権博物館(リバティおおさか)が休館後、はじめての移動人権展「部落問題ってなんだろう?」が11月12日(金)からはじまる。同実行委の主催。 江戸時代に被差別民が解剖に立ち会った「解体新書」の実物、島崎藤村の小説『破戒… 続きを読む

★MG_0173

リバティ資料は府民の財産 府議会議長に要請

府連の赤井隆史委員長は9月16日、大阪府議会の鈴木憲議長を訪ね、大阪府における今後の人権啓発や部落問題の啓発について要望書を手渡した。 2016年に障害者差別解消法やヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法など差別解消3… 続きを読む

3F4A0273

50周年記念事業の成功へ 府連女性部が51回大会

第51回府連女性部大会が9月11日、HRCビルでひらかれた。スローガンは▽コロナ禍で厳しい状況に置かれている女性、子どもに安定した生活を▽女性部結成50周年記念事業を成功させよう▽憲法改悪を許さず、人権・平和・環境・いの… 続きを読む

リバティパネル展ビラ

リバティおおさか 巡回パネル展を共催しませんか

2022年の再出発に向けて準備を進めている大阪人権博物館(リバティおおさか)では「あなたの街でリバティおおさかを」を合言葉として巡回パネル展の共催を呼びかけている。 現在休館しているリバティおおさかでは、35年の活動のな… 続きを読む