新着情報

巡回写真展「識字のこれまで、いま、そしてこれから」

大阪市内識字・日本語教室連絡会は、識字教室が大切な場所でなくしてはならないことを多くの人に伝えるために、10月から市民交流センター10館などで巡回写真展「識字のこれまで、いま、そしてこれから」をひらく。 毎月一回程度、ボ… 続きを読む

SKMBT_C28013100209310

「本人通知制度」市民ネットがサイトを公開

戸籍や住民票の不正取得防止に向けた「登録型本人通知制度」の内容を詳しく説明したウェブサイト「本人通知制度」が9月末にオープンした。今年設立された「STOP!個人情報漏洩・登録しよう本人通知制度」市民ネットワークが運営する… 続きを読む

honnintuuti

生きるに値するムラ(部落)に

大人から子どもまで親しまれたアニメ映画を世に出し続けてきた、スタジオジブリの宮崎駿(はやお)監督が、正式に引退を表明した。東京で開かれた会見で「今回は本気です」とユーモアたっぷりに語る宮崎監督から次のような言葉が発せられ… 続きを読む

市民交流センターの存続求め集会

大阪市に10館ある市民交流センターの存続を求めて「なくさないで!市民交流センター市民集会」が9月3日、中之島中央公会堂でひらかれた。 市民交流センターの廃止案を含む「市政改革プラン」が9月議会で本格的に議論されることから… 続きを読む

IMG_0085

大阪府と基本交渉

2014年度に向けた大阪府との基本交渉が8月28日、大阪市住之江区南港のATCでひらかれ、戸籍等の不正取得防止に向けた「本人通知制度」、新たな関連企業が明らかになってきている「土地差別調査事件」、差別のガイドラインづくり… 続きを読む

IMG_0047

大阪市副市長と政策懇談

府連と大阪市の京極務副市長との政策懇談会が8月26日、大阪市役所でひらかれ、市民交流センターの存続問題を中心に意見交換を行った。京極副市長は市民交流センターについて「市政改革プランに今年度末での廃止が盛り込まれている。廃… 続きを読む

★P1050482

「すべての戦争は、言論統制から」

故中沢啓治さんが自らの被爆体験を綴った漫画『はだしのゲン』について、「描写が過激だ」として松江市教育委員会が昨年12月、市内の全小中学校に教師の許可なく自由に閲覧できないようにしたことが新聞、テレビで連日取り上げられてい… 続きを読む

溝手顕正自民党参議院会長の差別発言に対する抗議声明

溝手顕正自民党参議院会長の差別発言に対する抗議声明/2013年8月10日   PDFを閲覧いただくには Adobe Reader が必要です

二つの「零戦」をめぐる物語に思う

宮崎駿監督の映画『風立ちぬ』を観た。 作品は戦前、三菱内燃機(現三菱重工業)に勤務し、戦闘機を設計していた堀越二郎の生涯がテーマだ。 飛行機乗りに憧れていた少年が大人へと成長し、飛行機の仕事に就こうとした時、戦争の時代が… 続きを読む

市民交流センター存続へ議員要請、署名

市民交流センターの存続を求める利用者の会の代表者会議が7月27日、市民交流センターひがしすみよしでひらかれ、大きな山場を迎える9月議会に向けて、新たな署名活動や議員要請など今後の活動の方向を決めた。 代表者会議では、9月… 続きを読む

P1050454