新着情報

能登半島地震 珠洲市でボランティア

府連・関係団体などで組織する能登半島地震復興等支援実行委員会は第1次支援活動として3月8日から12日にかけて、石川県珠洲市にボランティアを派遣。現地で活動するNPOや社会福祉協議会の職員と連携し被災者の生活状況や困りごと… 続きを読む

LINE_ALBUM_202439_240322_16

Vol.272 「したたかに生き延びる」ことの意味 山口勝己さんの著書から考える

良き先輩であり、そしてまた維新政治との闘いを牽引してきた同志として一時代をともに歩んできた自治労大阪府本部前委員長の山口勝己さんが、『「維新」政治と民主主義』という本を出版された。 「分断による統治から信頼でつなぐ自治へ… 続きを読む

包括的な人権の法制度確立を 第81回全国大会

第81回全国大会が3月1、2日、東京・日本教育会館でひらかれ、全国から339人の代議員が参加、包括的な人権の法制度確立など2024年度の運動方針を決めた。 主催者を代表してあいさつした西島藤彦委員長は能登半島での地震の被… 続きを読む

IMG_7622

Vol.271 プロバイダ責任制限法の改正の動き 人権委設置への布石に

年明け早々に発生した能登半島地震では、SNSを中心に被害や孤立の状況を訴えたり救助を求めたりする情報が多く発信された一方、真偽不明や偽りの情報、いわゆるフェイク情報が拡散し、社会を混乱させる事態に到っている。 中には表示… 続きを読む

Vol.270 目白田中邸の焼失、裏金問題、ネット規制の動き 政治の大きな転換

今年に入って1月8日、目白にあった田中角栄元首相のかつての自宅が火事となり、全焼したとの報道だ。「目白の田中邸」と言えば、昭和の自民党政治を象徴する存在であり、その歴史的価値が焼失してしまったということになる。 同時に、… 続きを読む

人権資料を未来につなぐ リバティおおさかが寄付金を募集

大阪人権博物館(リバティおおさか)は、1985 年12 月に開館した日本で初めての“人権に関する総合博物館”。多くの人権資料を保存管理し、また展示公開と教育普及という博物館活動を通して日本の人権確立に重要な役割を果たし、… 続きを読む

リバティ寄付金リーフ

Vol.269 能登半島の地震被害 災害弱者も見据えた継続的な支援が必要

正月早々、北陸・能登半島を大災害が襲うこととなった。 1月1日午後4時10分に生起したM7.6という大地震とそれにともなう津波や火事、家屋倒壊による被害が日を追うごとに拡大してきている。お亡くなりになった方々へのお悔やみ… 続きを読む

2024年旗びらき 新たな出発の集い

府連の2024年新春旗びらき「新たな出発の集い」が1月10日、HRCビルでひらかれ、1部、2部あわせて約200人が参加。今年1年、新たな決意で運動を進めていくことを誓いあった。 1部は組織内が対象。冒頭、能登半島でおきた… 続きを読む

IMG_7520

人権を法制度に高める年 時代の潮流に即した運動を

  2024年の年頭にあたって 2024年新たな年の幕開けである。 コロナ禍を経て転換点という時期も過ぎ、政治や経済も安定させるという成熟した民主主義を本来は追い求めなければならない日本であるにも関わらず、相変… 続きを読む

P1030014

Vol.267 雑誌『部落解放』の特集「部落問題と向き合う若者たち」から考える

1969年から33年間続いた同和地区に対する特別措置という法律の時代が2002年に終了し、早いもので22年が経過した。つまり、同和対策をまったく経験しない青年が22歳という年齢ということとなる。 雑誌「部落解放」12月号… 続きを読む