コラム

Vol.152 対立型の維新による府政、大阪市政に終止符を

「大阪都構想がつぶされかけている」。 公明党との交渉決裂の果てに大阪府知事と大阪市長の職を辞し、それぞれの立場を入れ替えてダブル選に挑むことが松井大阪府知事、吉村大阪市長それぞれから表明された。 少し冷静に振り返ってみよ… 続きを読む

Vol.151 憲法改正の口実にいじめを持ち出す安倍首相の感覚

「お前の父ちゃん憲法違反!」といじめられた子どもがいるらしい。「自衛隊員が『お父さん憲法違反なの?』と息子に尋ねられ、そのとき息子は目に涙を浮かべていた」と安倍首相が国会で答弁している。 ついで安倍首相は「憲法を改正して… 続きを読む

Vol.150 一連の不祥事以降、大阪の部落は何を進めてきたのか

毎日放送で2月11日に「激撮!直撃!!スクープ 秘蔵映像全て見せます」という番組が放映されたらしい。中身は、平成30年の歴史を振り返り、関西で起こった事件や出来事をとりあげるという内容で、「大阪の”ドン”銀行マンが見た素… 続きを読む

Vol.149 アンダークラスと呼ばれる人たちに居場所と出番を

今年に入って、新春の集いや各新年会で、「アンダークラス」という言葉が飛び交っている。 非正規の労働者で、パート主婦、専門・管理職以外の一定の所得階層を差し、日本には930万人存在し、就業人口全体の15%ほどを占めており、… 続きを読む

Vol.148 2019年選挙イヤーに勝利 誰1人取り残さない社会の実現へ

命を守る人権のまちづくり運動へ 2019年選挙イヤーの年が明けた。 昨年の12月12日発表された「今年の漢字」が「災」だ。6月には大阪北部で震度6弱の地震がおき、高槻や茨木に被害が集中、7月には西日本豪雨が発生し、泉州地… 続きを読む

Vol.147 居酒屋メニューに見る知恵と工夫 ユニークな発想で多様な提案を

今年の最後のコラム・水平時評となった。 今年一年お付き合いいただいた読者の皆さんに感謝し、今年最後は“うんちく”を語らしていただいて締めさせてもらうことにした。 「いきなりステーキ」や大衆食堂と居酒屋を掛け合わせた「スタ… 続きを読む

Vol.146 様々な分野で「社会モデル」の考え方を

そもそも、「障がいがある」とは、どのようなことを指しているのか。 外見で判断できる「障がい」もあれば、見た目ではまったくわからない「障がい」をもたれている方もいる。 「障害者差別解消法」では、「障害者」の定義を、「『障害… 続きを読む

Vol.145 日本の人権状況を世界基準で見てみると

日本で地図を見るときは、上が北、下が南、右は東で左が西。このことは小学校の社会科からスタートし私たちの感覚のなかに当たり前のように定着している。 海を渡って東に突き進めばアメリカ大陸がある。太平洋には進路を遮るものは存在… 続きを読む

Vol.144 急増する子ども食堂 まずはおなかいっぱいに 

大阪府内で実施されている“子ども食堂”の勢いが凄い!ふーどばんくOSAKAにも「子ども食堂をはじめたいので支援してほしい」「どんな、食料を提供してもらえるんですか?」といった問い合わせが後を絶たない。11月現在で、大阪府… 続きを読む

Vol.143 オール沖縄の勝利から考える 水平社会をめざす候補を

沖縄県の知事選挙で玉城デニー氏を支えた「オール沖縄」が自公一体の選挙協力態勢を打ち破って玉城氏が当選を果たした。最近めずらしい朗報だ。 これで、全国の来年4月の統一自治体選挙や夏の参議院選挙に弾みがつくと期待している人も… 続きを読む