ニュース

寺尾判決40年 今年こそ再審を 狭山活動者・住民の会交流会

狭山全国活動者会議・住民の会交流会が8月28日にひらかれ、20日に行われた第19回三者協議など現状と課題を共有し、寺尾判決から40年を迎える10月31日に「寺尾差別判決40か年糾弾・再審を求める市民集会」を東京・日比谷野… 続きを読む

P1080190

大阪府と基本交渉

同和問題の根本的解決と同和・人権行政のさらなる推進を求めて府連は7月30日、大阪市住之江区南港のATCで大阪府と基本交渉を行い、戸籍等の不正防止に向けた本人通知制度、同和問題の実態把握、部落差別のガイドライン策定などの課… 続きを読む

府交渉

ニューメディア人権機構が認定NPOに

府連も運営に協力しているニューメディア人権機構が7月25日付けで大阪市の認定NPOとして認められた。1999年の「人権情報ネットワークふらっと」の開設以来、人権に関する総合的なウェブサイトとして様々な情報発信や相談・啓発… 続きを読む

ふらっと

『ある精肉店のはなし』の上映会ひらく

ドキュメンタリー映画『ある精肉店のはなし』の上映会が7月7日、HRCビルでひらかれた。貝塚で牛を育て、と畜解体し、小売りを行ってきた北出精肉店の家族の日常を綴ったもので、部落出身者として理不尽な差別に立ち向かいながら、命… 続きを読む

上映後は纐纈監督、北出さんが映画に込めた思いを語った

「集団的自衛権」に反対 抗議声明、集会・デモも

安倍政権が集団的自衛権の行使容認を可能とする憲法の解釈変更を7月1日に閣議決定したことに対して府連は同日、断固反対する抗議声明を発表した。7月6日にひらかれた「平和主義が危ない!秘密保護法廃止!!」集会にも参加し「集団的… 続きを読む

P1070900

狭山事件三者協議で進展 証拠・リストの開示を

狭山事件の第18回三者協議が6月13日にひらかれた。これまでプライバシーを理由に検察が開示を拒否してきた筆跡関係の証拠や「証拠リスト」の開示について一歩前進した協議となった。 これまで検察側は筆跡関係の未開示証拠について… 続きを読む

IMG_0093

「何が差別か」早急にガイドラインを 松井知事と政策懇談

松井一郎知事と府連の政策懇談会が6月12日、大阪府庁でひらかれ、「何が差別にあたるのか」の部落差別のガイドラインづくり、実態把握のあり方、大阪人権博物館(リバティおおさか)の積極的活用などについて意見を交換した。 政策懇… 続きを読む

P1010460

ふーどばんくOSAKAが1周年記念式典

まだ安全に食べられるのに様々な理由で捨てられてしまう食品を集め、必要な人たちに届ける活動を進めている「ふーどばんくOSAKA」の設立1周年記念式典が5月28日、大阪市内のホテルでひらかれ,活動に協力してきた府連、関係団体… 続きを読む

IMG_0006

隣保事業の再構築を 幹部活動者合宿

幹部・活動者合宿が5月24、25日、和歌山県のホテルでひらかれ、執行部、各支部、関係団体の代表ら約150人が参加。隣保事業の再構築などこれからの府連の運動の方向を学習し、交流した。 まず北口末広委員長が「今後の部落解放運… 続きを読む

IMG_0440

袴田事件の次は狭山 市民集会に3000人

石川一雄さんが不当逮捕されてから51年を迎えた 5月23日、狭山事件の再審を求める市民集会「えん 罪51年袴田再審開始に続け いまこそ証拠開示と事実調べを」が東京の日比谷野外音楽堂でひらかれ、 全国各地から300… 続きを読む

P1070777